2021年!最新副業まとめ

怪しい?Wealthgrowのモバカフェ/mobacafeは儲からない副業?気になる口コミ評判は!?

スマホを使った写真販売で稼ぐための4つのポイント

time 2021/09/15

スマホを使った写真販売の副業は、スマホがあればすぐに始めることができます。現在持っているスマホを利用できるので、初期費用は必要ありません。写真販売サイトに登録をして、撮影した写真を登録して価格を設定し、写真が売れたら報酬を得ることができます。
簡単に始められる副業ですが、競合が激しいのですぐには収入に結びつかないことがあります。収入を得るためには、押さえておきたいポイントが4つあります。

1・需要が高いけど競合が少ないテーマを狙う
需要が高いものなら売れます。しかし、需要が高くて競合が激しいものは、ライバルが多いので自分が販売している写真を選んでもらえない可能性が高くなります。
つまり、稼ぐためには需要が高くて競合相手が少ないテーマを狙うことがポイントなのです。
写真販売サイトでは、植物、風景、人物、動物など写真のテーマを設けています。需要があるけれど競合が少ないテーマの一つが人物です。人物は肖像権の問題があり、参入する人が少ないようです。
写っている人の承諾を得ていないのに写真を販売することをしてはいけないので、被写体となる人の許可を得ておきましょう。

2・複数の構図を用意する
同じ場面であっても、利用する人の目的は違います。目的が違えば求めている構図も違います。そのため、同じ場面で複数の構図を用意しておくことをおすすめします。
たとえば公園の風景です。公園で遊ぶ人に焦点を当てる、公園の植物に焦点を当てるなど、いくつかの構図が考えられます。
食べものの場合だと、違う角度から撮影したものを複数用意するとよいでしょう。

3・継続する
写真販売サイトに写真を登録しても、すぐには売れないかもしれません。アンケートモニターやアフィリエイトなどの副業でもそうですが、継続することで収入が増えてきます。
すぐに収入を得られないからとあきらめずに継続して写真を投稿し続けましょう。写真を投稿し続ければ、あなたが投稿した写真が購入者の目に触れる機会が増えます。

4・検索タグをつける
写真を投稿する際に「検索タグ」をつけることができます。検索タグは利用者が目的とする写真を探しやすくするためのものです。ブログ記事でも「タグ」をつけられるブログサービスがあり、それに似ています。
検索タグを複数つけておけば、それだけ検索される機会が増えます。写真とは関係ない検索タグをつけてはいけませんが、可能な限りたくさんつけておくと検索される可能性が高くなります。